有料

辺野古市民訴訟、きょう判決 原告の適格性が焦点 沖縄


辺野古市民訴訟、きょう判決 原告の適格性が焦点 沖縄 福岡高裁那覇支部(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、県による埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相裁決は違法だとして、周辺に暮らす住民4人が国に裁決の取り消しを求めた抗告訴訟の控訴審判決が15日午後3時、福岡高裁那覇支部(三浦隆志裁判長)で言い渡される。

 高裁が、住民4人について、裁判所の審理対象となる原告としての適格性を認めるかどうかが焦点となる。認められれば、地裁に差し戻され、国交相裁決に関する中身の審理が行われる。

 ただ、県も国を相手に同種の訴訟を起こしており、いずれの訴訟でも、裁判所の審理対象に当たらないとする門前払いの判決が続いている。

 訴訟は2019年4月に提起。住民16人が新基地完成後に騒音被害などを受ける恐れがあるとして、国交相裁決の取り消しと執行停止を求めた。

 那覇地裁は20年4月、原告のうち訴えを取り下げた1人を除く11人に原告適格がないとして訴えを却下。残る4人については22年4月の判決で、訴えを却下した。