スポーツ

【ワンプレー速報】沖縄尚学が春夏100勝 夏の甲子園・阿南光戦

  • 第103回全国高校野球選手権大会
  • 甲子園球場
  • 開始日時:8月16日午後
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阿南光(徳島) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
沖縄尚学(沖縄) 2 1 0 0 0 1 2 2 × 8
甲子園球場

 甲子園で開催中の第103回全国高校野球選手権は16日、第3試合(1回戦)で沖縄尚学が徳島の阿南光に快勝。沖縄県勢の春夏勝利は通算100勝となった。 

【写真で振り返る阿南光戦】
【甲子園ではなかった! 1963年の県勢初勝利】

 

 2大会連続9度目の夏の甲子園の地を踏む沖縄尚学に対して、阿南光は再編統合される前の新野以来、25年ぶり2度目の出場となった。
 沖縄尚学の先発は當山渚、阿南光の先発は森山の両エース。 

 一回表、阿南光の攻撃はレフトフライ、三振、三振で3者凡退。
 一回裏、沖尚の攻撃。2死から3番仲宗根皐が四球で出塁、4番知念大河の左前タイムリーで1点を先制。さらに5番長濱も左前タイムリーで続き、2点目。

 二回表、阿南光は先頭の4番高木が右前打で出塁するも、続く打者のバントを沖尚のピッチャー當山が二塁へ送球し、併殺に仕留める。この回、阿南光は無得点に終わり、沖尚2-0阿南光。
 二回裏、沖尚は7番知念新が死球で出塁。三振、スリーバント失敗で2死一塁となった後、1番後間は四球を選び、一塁走者の知念は捕手の悪送球で三塁へ。2死一、三塁とし、2番下地が右前適時打を放って3点目を挙げた。

 三回表、當山は、阿南光打線を3者連続三振に抑えた。
 三回裏、沖尚は1死走者なしから5番の長濱が右前打を放ち1死一塁。続く打者は三振、内野ゴロに倒れ無得点だった。

 四回表、阿南光は2死走者なしから3番矢野がセンター前ヒットで出塁したが、盗塁失敗で3アウトチェンジ。ここまで阿南光打線は沖尚エース當山に2安打に抑えられている。
 四回裏、沖尚は1死走者なしから9番當山、1番後間、2番下地が3者連続でレフト前へヒットを放ち1死満塁の好機を築く。続く3番仲宗根、4番知念は連続三振に倒れ、追加点はならなかった。沖尚打線はここまで毎回の計7安打を記録している。


【阿南光-沖縄尚学】一回裏、沖縄尚学・知念大河の適時打で、仲宗根皐が先制のホームイン(喜瀬守昭撮影)

 五回表、3点を追う阿南光の攻撃は3者凡退で無得点。阿南光は一回から五回まで3人で攻撃を終えている。
 五回裏、沖尚は内野ゴロ二つとキャッチャーのファウルフライで初めての3者凡退となった。

 六回表、阿南光は4度目の三者凡退で無得点。
 六回裏、沖尚は8番の前盛が四球で出塁。送りバントと四球で1死一、二塁とすると、2番の下地がセーフティーバントを成功させて1死満塁に。3番の仲宗根の内野ゴロの間に三塁走者が生還して4点目を追加。続く知念は申告敬遠で2死満塁としたが、5番の長濱はライトフライに倒れた。沖尚4-0阿南光。

 七回表、阿南光はピッチャーゴロ、見逃し三振、ショートゴロで3者凡退。
 七回裏、沖尚は先頭の6番大城が右前打で出塁。送りバントで1死二塁とし、8番前盛がライト前へタイムリースリーベースを放ち、5点目を追加。さらに2死三塁から1番の後間の打球はショートが好守備を見せたが、一塁手のエラーでセーフに。その間に三塁走者が生還して6-0とリードを広げた。

 八回表、阿南光は見逃し三振、ピッチャーゴロ、空振り三振で3者凡退。
 八回裏、沖尚は3番仲宗根、4番知念が連続二塁打で7点目を追加。さらに内野ゴロで走者を進めて1死三塁とした後、6番大城の犠牲フライで8-0と突き放した。

 九回表、阿南光はこの試合7度目の3者凡退で無得点。沖尚8-0阿南光でゲームセット。沖尚のエース當山は2安打完封の好投だった。


 

【関連記事】

▼【写真特集】沖縄出身プロ野球選手、高校時代の熱闘 東浜、山川、平良、宮城…

▼沖尚のエース當山、防御率0でも「まだ課題はある」<2021高校野球>

▼沖尚の美里、初登板ノーヒットノーラン 緩急自在に凡打の山<高校野球2021>

▼東浜巨がセンバツ優勝よりも心に残る負け試合 「野球人生の原点」

▼挑む甲子園 沖尚ナイン登録メンバーを紹介

【写真特集】センバツの具志川商、福岡大大濠との激戦




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス