政治

「県民に安心と希望の光を届けたい」比例九州で当確の公明新人・金城氏

当選確実が決まった公明党新人の金城泰邦氏=31日午後8時55分ごろ、南風原町

 公明の比例単独候補として九州ブロック名簿に登載され、初当選を果たした金城泰邦さん(52)。当選確実の知らせを受けて「家族や支援者の支えがあって当選できた」と、感謝の涙を静かにぬぐった。

【速報】前沖縄県議の金城氏が当確 比例九州の公明新人

 2009年から浦添市議を2期務め、16年の県議選で初当選した。地域の声を議会へ届けてきた経験を生かし、今後は国政の場で有権者から託された思いを伝える。

 障がいのある娘の存在がきっかけで、政治家を目指した。大学卒業後、会社員を経て、衆院議員だった故白保台一さんの秘書を5年務めた。公明党としては、国政選挙で沖縄から候補者を擁立するのは白保さん以来16年ぶり。党県本としても生え抜きの衆院議員誕生に喜びが広がっている。

 金城さんは「国政から県民に安心と希望の光を届けたい」と意気込みを語った。

【関連記事】

▼「比例代表」って何? 衆院選の選挙方法Q&A

▼公明代表、辺野古移設「推進」 県本と方針ねじれ 7党首討論会で

▼【速報】沖縄1区、共産・赤嶺氏が当確 玉城知事支援のオール沖縄 衆院選

▼県と国、対話不足解消を 公明党・秋野公造氏<政党に聞く・21衆院選>3

▼公明県本「辺野古移設に反対」 那覇で演説会、党本部議員も

▼沖縄1区の候補者が既に「当選」は偽情報 衆院選ファクトチェック

▼普天間移設「県・市の決断で辺野古移設決定」はミスリード 衆院選ファクトチェック




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス