社会

沖縄本島の病床使用100%超続く コロナ2082人 中南部で逼迫が顕著に(8月16日朝)

 沖縄県は15日、新たに2082人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。70~90代の5人が死亡したことも報告した。県全域の病床使用率は94.4%だった。圏域別の病床使用率で本島は101.6%となり、2日連続で100%を超えた。新規感染者は10日連続で前週の同じ曜日を下回っているが、病床の逼迫(ひっぱく)度合いは増している。

 【グラフで見る】かつてない増え方…感染爆発の沖縄

 県の説明では、感染判明から症状が悪化して入院するまでの期間を考慮すると、感染者が増加してから1週間から10日後に入院患者の増加が見られる。

 新規感染者が最多だった8月第1週から1週間以上が経過した今週は、入院患者が増加する恐れがある。県は「特に中南部で医療の逼迫が著しい」と危惧している。

 県は本島、宮古、八重山の圏域に分けて病床使用率を出していて、宮古は68.2%、八重山は46.7%だった。県は宮古、八重山の病床使用率も高水準にあり、入院調整が困難になっていると指摘した。

 県全体の入院患者は719人で、国基準の重症者は26人。重症者用病床使用率は41.9%だった。県が報告した死亡者は南部保健所管内の90代女性、南城市の80代男性2人、うるま市の90代男性と70代男性の計5人。累計の死者は542人となった。

 県病院事業局は県立中部病院で2件のクラスターがあり、計16人が感染したことを報告した。1件は患者5人、職員2人が感染し、もう1件は職員9人が感染した。

 米軍関係の新規感染者は54人だった。
 (稲福政俊)


【関連記事】

▼基礎疾患ない30代男性が死亡、家族と電話のわずか10分後・・・沖縄

▼豊見城市が抗原キット配布開始へ 自主隔離の宿泊費も補助

▼沖縄県「リバウンド心配」、旧盆後の症状発生にも注視を(8月14日朝まとめ)

▼若者の人工呼吸器の装着例も 今週は新規4万人の見込み 沖縄

▼抗原検査キット、時間外も直営店で販売 県薬剤師会

▼暑いけど…振り袖、はかま姿で門出を祝う 真夏の成人式 沖縄・浦添市



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス