政治

【速報】玉城デニー氏の再選確実 沖縄県知事選 「オール沖縄」勢力が支援  

玉城デニー氏

 任期満了に伴う第14回沖縄県知事選は午後8時で投票が締め切られ、琉球新報の事前の情勢調査や、出口調査によると、無所属現職で「オール沖縄」勢力が支援する玉城デニー氏(62)=共産、立民、社民、社大、にぬふぁぶし、れいわ推薦=の当選が確実となった。いずれも無所属新人で、政権与党が支援した前宜野湾市長の佐喜真淳氏(58)=自民、公明推薦、前衆院議員の下地幹郎氏(61)は及ばなかった。開票は多くの地域で午後9時から始まり、同11時ごろに当落が確定する見通し。

 【ライブ配信】沖縄県知事選、3候補の陣営と那覇市開票所【午後7時~】

 選挙戦で玉城氏は、県政の課題となる米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、「新基地は軟弱地盤の存在もあり、絶対に完成させることはできない」と反対の立場を強調した。佐喜真氏は「容認」、下地氏は馬毛島(鹿児島県)への訓練移転を推進し「大浦湾を埋め立てない」と訴えるなど、争点が明確となった。玉城氏の当選によって、新基地建設に反対してきた玉城県政の継続を、多くの県民が信任した形となった。

 一方、政府による新基地建設の強行は続くことが見込まれ、国との裁判闘争も続いている。選挙結果を受けて、県民民意を政府に届け、問題を解決することができるのか注目される。
(’22知事選取材班)
  
 玉城デニー氏(たまき・でにー) 1959年10月13日生まれ、うるま市出身。上智社会福祉専門学校卒。現職。

【関連記事】

【当選者の横顔】玉城デニー氏ってどんな人?

▼玉城氏が最後の訴え「辺野古反対ぶれず」 沖縄県知事選

▼玉城知事「非常に残念」 23年度沖縄関係予算概算要求、一括交付金の増額要請かなわず

▼「誰一人取り残さない」玉城陣営が打ち上げ式 勝利信じ支持者熱気 きょう沖縄県知事選投開票

▼沖縄知事選、現職玉城氏の公約「実現率99%」は不正確 推進中279件、完了8件と議会答弁<ファクトチェック>

▼沖縄知事選の期日前投票、15日間で27万3397人 選挙人名簿登録者の23% 前回同時期より低下も過去2番目のペース



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス