社会

【写真特集】4度目のコロナ緊急事態 沖縄各地の様子は

人の姿が消えた守礼門=23日午後3時すぎ、那覇市の首里城公園(喜瀨守昭撮影)

緊急事態宣言初日、臨時休場となり固く閉ざされた奉神門=23日午後4時ごろ、那覇市首里(喜瀨守昭撮影)

 

▼人出まばら「慣れちゃったね」…緊急事態初日の沖縄、我慢と不満


人出が少ないアメリカンビレッジ。テラス席で食事を取る人の姿が目立った=23日、北谷町美浜

マスク着用でショッピングをする買い物客ら=23日、豊見城市豊崎の沖縄アウトレットモールあしびなー

緊急事態宣言、発令初日。3密を避け浜辺や浅瀬であそぶ親子連れ=23日、豊見城市瀬長島

緊急事態宣言の発令により閉館となったレクリエーションプール=23日午後4時過ぎ、沖縄市の県総合運動公園

 

▼無観客で行われた高校総体の様子


緊急事態宣言の発令で無観客となった県高校総体陸上競技=23日午前10時過ぎ、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム

 

▼「苦しみ、誰に言えば」 閑散とする国際通り…土産物店の悲鳴


人通りもまばらな国際通り=23日午後6時ごろ、那覇市牧志(喜瀨守昭撮影)

人通りが少なくなった国際通りで、小雨の中、客待ちをする飲食店の女性従業員=22日午後6時ごろ、那覇市松尾

早々と店を閉める国際通りのお土産屋=22日午後7時過ぎ、那覇市久茂地のわしたショップ前

出勤時間にゆいレールから降りる人たち=24日午前8時すぎ、那覇市の沖縄都市モノレール県庁前駅付近(喜瀨守昭撮影)

出勤時間にゆいレールを降りて足早に道行く人たち=24日午前8時すぎ、那覇市の沖縄都市モノレール県庁前駅付近(喜瀨守昭撮影)

(上)全国に緊急事態宣言が適用された2020年4月17日午前8時すぎの国道330号。(下)同地点、同時間帯で撮影した21年5月24日の国道330号。昨年に比べ交通量が増えている。

緊急事態宣言が発令されて初の平日。国際通りには、観光客と思われる姿はほとんど見られなかった=24日夕、那覇市

【注目記事】

▼【一覧表付き】沖縄・緊急事態で変わること

▼沖縄県内の休館情報 緊急事態宣言で【5月24日時点】

▼時機逸した「時短拒否店」公表 県、過料手続きも時間切れ

▼ビーチパーティでの感染から広がった事例も

▼病院内の感染管理で重要視される認定看護師とは?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス