政治

宮古島市議選で与党が倍増、座喜味市政に一定評価 野党半数に減らす(選管最終)


 【宮古島】任期満了に伴う宮古島市議会選挙(定数24)は24日、投開票された。現職13人と新人9人、元職2人の24人の当選が決まった。与野党の構成は座喜味市政を支持する与党系が10人、野党系は12人、中立系2人。与党が改選前の5議席から倍増し、座喜味市政に一定の評価を与えた格好。野党は多数は維持しながらも7議席減らして半数となった。

 今回の市議選には、現職21人と元職2人、新人15人の計38人が立候補した。

 当日有権者数は4万4363人(男性2万2314人、女性2万2049人)で、投票者数は3万133人(男性1万5062人、女性1万5071万人)で無効は369票。持ち帰り3票。投票率は67・92%で前回(71・73%)から3・81ポイント下回り、過去最低だった。

【関連記事】

宮古島市議選の投票率は67.49% 前回より4.24ポイント下回る

選挙後「打ち上げ控えて」 宮古島市議選で沖縄県が呼び掛け
宮古島市議選に38人が立候補 10月24日投開票【顔写真一覧】

宮古島市の教育長に大城氏 女性就任は初
懲罰動議、流会、人事案否決…混乱する宮古島市議会 市議選への思惑指摘も<ニュースのつぼ>

【深掘り】市民生活より「組織」…宮古島市議会野党、人事案反対の理由

宮古島市長不信任案を否決 市議会、野党も分裂 し尿処理施設の中止判断巡り

【記者解説】宮古島市長選、新人の座喜味氏が初当選 現職破り勝利した要因は?

県議選の5千票、土台に 陸自反対票、市政影響も<市政刷新の内幕 宮古島市長選>

【深掘り】前宮古島市長収賄 背景に保守系重用か 政権、オール沖縄に対抗

宮古島前市長、公判で「駐屯地受け入れは政治判断」贈賄側の影響否定 

宮古島市がし尿処理計画を見直し 前市政の決定変更

宮古島市議会 副市長に伊川氏 賛成多数で同意<人事>




関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス