OKINAWA SDGs プロジェクト紹介(2022年度)


「OKINAWA SDGs プロジェクト」は、SDGsに取り組む企業や団体のプラットフォームです。

プロジェクトの柱は「つなぐ」「伝える」。世界を変える一歩を、沖縄から。私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか?

 

【新着情報】

 

NEW 沖縄の課題、指標化を OSPが年次フォーラムで活動報告 「がむしゃらに取り組み成果生まれた」

 「OKINAWA SDGsプロジェクト」(OSP、事務局・琉球新報社、うむさんラボ)の本年度活動のまとめとなる「年次フォーラム」が18日に開催かれ、教育や観光、多様性、地域課題の解決などをテーマに活動報告や意見交換が行われました。OSP参加企業に加えて一般の参加者らも多く来場し、沖縄の社会課題解決への視点について理解を深めました。詳しくはこちら。

 

[終了しました!]  OKINAWA SDGs プロジェクト -OSP年次フォーラム2023-

「~聞くことから始めよう 語ることを続けよう 思いの重なりを見つけよう~」

日時:2023年3月18日(土曜)10:00-18:00

場所:琉球新報ホール&本社1、2階

【入場無料&入退場自由】

申し込みはこちらから。

<概要>

2020年に16社からスタートしたOKINAWA SDGs プロジェクト(OSP)。OSPは琉球新報社と株式会社うむさんラボが企画及び事務局を担い、沖縄らしいSDGsの達成を本気で目指すコミュニティ&プラットフォームです。2023年現在70社を超えるパートナーの方が集まり、たくさんのNPOや社会起業家とのご縁もいただき、ぐんぐん成長しています。この3年間の歩みをみなさんと分かち合いながら、それぞれの活動を喜びながら聞きたい、この年次フォーラムをきっかけに新たなプロジェクトが生み出されていく、そんな一日にしたいと願っています。琉球新報社1階から3階まで盛りだくさんのプログラムをどうぞお楽しみください!

 

「無意識の偏見」に気付こう 多様性やジェンダーテーマに課題提起や議論

「OKINAWA SDGsプロジェクト」(OSP、事務局・琉球新報社、うむさんラボ)は27日、那覇市泉崎の琉球新報ホールで本年度の第3回カンファレンスを開きました。「多様性が担保された環境で働くってどういうこと? ジェンダー平等へ、ここから一歩」をテーマに、参加者が意見を交わしました。

 

 

新しい教育のカタチとは ビジネスパーソンら白熱議論 OKINAWA SDGsプロジェクト第2回カンファレンス

国連のSDGs(持続可能な開発目標)を推進する企業・団体のネットワーク「OKINAWA SDGsプロジェクト」は14日、沖縄県那覇市泉崎の琉球新報ホールで本年度の第2回カンファレンスを開きました。テーマは「沖縄の未来を創る新しい教育のカタチ」。県内での多様な教育の取り組み事例を共有し、参加者自身が個人や企業・団体として教育にどのように関わり、社会課題解決につなげるのか考えました。

特集紙面はこちら

 

 

【終了しました】「分かるよね」では分からない…発達障がい通して多様性を考える OSPが25日に「公開作戦会議」

OKINAWA SDGsプロジェクトは25日午後2時から、多様性を考える公開作戦会議第2弾「凸凹星人、普通は不通~『分かるよね』では分からない」を沖縄県那覇市久茂地の「ブックカフェ&ホールゆかるひ」で開きます。参加500円、申し込みは24日まで。詳細こちら。

 

 

]

「数より質の観光」どう作る?世界自然遺産の地・やんばるの工夫とは OKINAWA SDGsプロジェクト第1回カンファレンス

国連のSDGs(持続可能な開発目標)を推進する企業・団体のネットワークOKINAWA SDGsプロジェクト(OSP)は、7月15日に那覇市の琉球新報ホールで本年度の第1