スポーツの現場にはいつもドラマがある。

日々さまざまな試練に向き合い

たゆまぬ鍛錬を重ねているアスリートたち。

挫折、苦悩、栄光―。

到達した者にしか分からない景色。

そこから紡ぎ出される言葉には「力」がある。

2020年、私たちの何気ない日常は一変した。

暗がりの中、足元を照らしてくれる言葉がきっとある。


琉球新報社など全国24メディアは、心に響くアスリートの言葉を紹介する「コトバのチカラ」を公開しています。



画像をクリックすると、ことばを読むことができます。
※一部の端末では、正常に表示されないことがあります(スマホ推奨、パソコンは画面幅に注意)。ことばの一覧はページ下にあります。



NEW



NEW



NEW




and more...


記事はこちらから読めます。

具志堅用高「非常にうれしい 早く沖縄に帰りたい」 NEW

宮城大弥、山川穂高、東浜巨 うちなーんちゅプロ野球選手の母にまつわるエピソード NEW

喜納翼「けがをしたとき最大の親不孝だった」 NEW

仲里進「障がいを持って生まれてよかった」

喜友名諒「1週間後でも、8月でも、来年でも 優勝する準備はできている」

我喜屋優「満開の桜もいつか散る だけど根っこがしっかりしていれば もう一度咲く」

小野伸二「沖縄をサッカー王国にしたい その思いに賛同した」

 

あなたにとって忘れられないアスリートの「ことば」はありませんか?

感動した、励まされた、ふと目にとまった・・・心に刺さったことばを教えてください(沖縄に関係がある人のことばに限ります)。

心に残るアスリートの「ことば」募集
https://ryukyushimpo.jp/inquiry/entry-1112621.html

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス