心に響くアスリートの言葉集 挑戦者∞ことば

スポーツの現場にはいつもドラマがある。

日々さまざまな試練に向き合い

たゆまぬ鍛錬を重ねているアスリートたち。

紡ぎ出される言葉には「力」がある。

コロナ禍で一変した私たちの日常。

足元を照らしてくれる言葉がきっとある。




琉球新報社など全国25メディアは、心に響くアスリートの言葉を紹介する「コトバのチカラ」に参加しています。



2021年の言葉一覧


 

▼いつ戦ってもいい状態でいる 五輪は10点満点で優勝したい

(空手・喜友名諒)



 

▼この先はおやじも、沖縄としても経験がない。僕が歴史をつくっていく

(レスリング・屋比久翔平)



 

▼沖縄、日本の代表として自覚を持ってやりたい

(陸上・津波響樹)



 

▼作戦は100個ぐらい準備している(自転車・新城幸也)



 

▼ミスしたことにフォーカスするのではなく、次に向かう姿勢が身に付いた

(ハンドボール・池原綾香)



 

2020年に公開した言葉一覧

2020年の言葉は画像をクリックするとストーリーが始まります。 ※一部の端末では正常に表示されないことがあります(スマホ推奨・パソコンは画面幅に注意)。


 

▼1週間後でも、8月でも、来年でも、いつでも優勝する準備はできている

(空手・喜友名諒)



 

▼ごめんな、いつか恩返しするから(野球・宮城大弥)



 

▼満開の桜もいつか散る。だけど根っこがしっかりしていればもう一度咲く

(野球・我喜屋優)



 

▼世界を取るのは大変だけど、守るのはもっと難しい

(ボクシング・具志堅用高)



 

▼けがをしたときは最大の親不孝だと思った 大会で活躍すると両親が喜んでくれる それが今、一番の恩返し

(車いす陸上・喜納翼)



 

▼沖縄の青い空、澄み渡る空に 守備的なサッカーは似合いません

(サッカー・樋口靖洋)



 

▼障がいを持って生まれてよかった(車いすラグビー・仲里進)



 

▼沖縄をサッカー王国にしたい その思いに賛同した(サッカー・小野伸二)



 

▼非常にうれしい 早く沖縄に帰りたい(ボクシング・具志堅用高)




▼その他の名言はこちら

東浜巨「野球人生の原点は高校時代の負けた試合」

山川穂高「人が寝ている間にどれだけバットを振るか。それができないならやめた方がいい」 

宮城大弥、山川穂高、東浜巨 うちなーんちゅプロ野球選手の母にまつわるエピソード



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス