「連載:迫る24年問題 沖縄の現場から」の記事一覧

「走行中」「待機」トラックの稼働状況を見える化、業務効率化<迫る24年問題・沖縄の現場から>(7)物流(上)

2024/02/29 #物流
prime
「次の運送作業に向かってほしい」。琉球物流運輸の配車担当者が事務所に設置された大型モニターを確認し、ドライバーへ指示を送る。「走行中」「待機」「荷卸(におろし) ...

「年々20~30人辞めている…」 観光部門で路線事業を穴埋め 「負の連鎖」県民にしわ寄せ <迫る24年問題・沖縄の現場から>(6)運転手(下)

2024/02/22 #バス
prime

「賃金が低すぎで働けなくなる」 バス業界の「中休」、子育て世代に影響 勤務含まれない「待ち時間」の負担 <迫る24年問題・沖縄の現場から>(5)運転手(上)

2024/02/16 #バス
prime

乗り切れるか、秋の繁忙期 修学旅行シーズン、シフト管理複雑に<迫る24年問題 沖縄の現場から>(4)貸し切りバス

2024/02/15 #バス
prime

急転直下、バス業界で進む「再編」 水面下の交渉、合併合意の最大の理由は?<迫る24年問題 沖縄の現場から>(3)路線バス(下)

2024/02/09 #バス
有料

ドル箱路線も減便 最終便繰り上げ、生活に影響 <迫る24年問題 沖縄の現場から>(2)路線バス(下)

2024/02/08 #バス
prime

休息時間延長で「運転手が不足」 ダイヤ改定も「追い付かない」 <迫る24年問題 沖縄の現場から>(1)路線バス(上)

2024/01/31 #沖縄経済ニュース
prime

「働き方改革」の規制適用、建設業にも影響 下請けなど利益圧迫の懸念 <迫る24年問題 沖縄の現場から>プロローグ続き

2024/01/30 #バス
prime

運転手シフト「維持難しい」 人手不足、バス大幅減便<迫る24年問題 沖縄の現場から>プロローグ 

2024/01/30 #バス
prime