NEW!

「キングスバスタオル」を2人に(1月27日付)

 琉球新報の読者クラブ「りゅうちゃんクラブ」事務局からお知らせです。 1月27日付の琉球新報にりゅうちゃんクラブ特集ページを掲載しました。 毎月第4水曜日には、読者参加型の楽しい投稿企...

りゅうちゃんクラブ りゅうちゃんクラブ
NEW!

ママにも必要!自分の空間 子どもとの時間も充実する模様替えの効能 100cmの視界から―あまはいくまはい―(8...

この半年、理由は分からないのですが、このままだと苦しい、変わっていきたいと思い続けていました。新型コロナウイルスの台頭もあり、過ごし方や価値観が変わったこともあるのかもしれません。変わりたいのだけ...

100cmの視界から―あまはいくまはい―
NEW!

デイサービス施設がスナックに変身!? 利用者の夢を叶える心温まる取り組み

うるま市のデイサービス施設内でスナックを開店するといううわさを耳にしました。いったいどういうこと?気になってしかたがないのですが…。(宜野湾市チーママ) デイサービスといえば、介護を...

沖縄を知る
NEW!

「アートの裏方として10年、20年、30年先まで残る仕事を心がけている」ー本村ひろみの時代のアイコン(44) ...

久しぶりの青空に思わず窓を開け放して音楽を聞く。音楽を聞きながら簡単なストレッチをして部屋を片付けたら出かけよう。見たかったあの展覧会へ。行きたかったあのイベントへ。それが気になるあの人の企...

時代のアイコン

習い事は何歳から始める?何がいいの? ☆えくぼママの沖縄子育て☆

こんにちは!みはるです。習い事。お子さんはされてますか?息子が3歳になった時、夫の母から「3歳になったしそろそろ何か始めるの?」と言われました。(そういえば各界で活躍されている方々は「○○...

えくぼママの沖縄子育て えくぼママの沖縄子育て

大阪名物「かすうどん」って知ってる?寒い季節にぴったりな一杯 創作うどんの店 だいすけ 那覇市東町

大阪名物の一つとして知られる「かすうどん」。県民にはあまりなじみのないご当地グルメですが、なんと那覇市東町で味わえるんです。お店の名前は「創作うどんの店 だいすけ」。福岡県出身ですが、大阪のかすう...

アメリカンスタイルのド派手な成人式!?[まーちゃんのお笑いニュース道場 web版]

りゅうちゃんクラブで連載中の「お笑いニュース道場」番外編です。web版会員限定連載です。 はいさい!ツイッターを永久凍結されたトランプ大統領に負けじと、毎月の通話料金が払えず、携帯電話を永久凍結さ...

まーちゃんのお笑いニュース道場 まーちゃんのお笑いニュース道場

TOM MAXの世界。偉大な芸術家、真喜志勉の足跡をたどる アーティスト、トム・マックス=真喜志勉

TOMMAX今年で生誕80年 ジャズのサウンドや車の疾走感を感じる作風の中に、広告のコラージュや、米軍基地を想起させるモチーフが登場する。漆喰(しっくい)やさびた鉄板、流木など変化する素材も取り入れる...

アナログだけど奥深い 新聞配達員の〝技〟が職人みたいだった話

報道カメラマンが見た新聞配達の現場 静まり返る住宅街。まだインキの匂いが漂う出来たてほやほやの新聞を配る。花城太、54歳。琉球新報社に入社して28年になる。大半を編集局で過ごし、報道カメラマン...

ほっと☆新聞販売店レポ

ブレないガクチカと自己PRを書くために必要なたった一つのこと ロックダウン世代になった就活生のリアル(6)

琉球新報Style初となる、学生ライターによる連載が始まります。その名も「ロックダウン世代になった就活生のリアル」。新型コロナウイルスの感染拡大によって、インターンや採用試験もオンラインへ移行する...

ロックダウン世代になった就活生のリアル

肥満の多い県民の救世主となるか!?北部地域に伝わる「いしまき茶」の秘めたるパワーとは!【島ネタCHOSA班】

紫外線に負けずに育った県産の植物は、さまざまな健康パワーを秘めています。今回、島ネタCHOSA班は、ある身近な植物の葉を煮出して飲む本島北部の「いしまき茶」の情報をキャッチ。動脈硬化を予防し、糖...

沖縄を知る

材料まで現地産のこだわりぶり 南アフリカの雰囲気が味わるカフェ THE CAPE(ザ・ケープ) sandwic...

那覇市の古波蔵交差点近くにコンクリート打ちっぱなしのインテリアがおしゃれなカフェを発見しました。お店の名前は「THECAPE(ザ・ケープ)」。オーナーである栗原理一さんが、旅して気に入った南アフリカ共和国の...

旧暦:12月15日 友引