「記者ですが」の記事一覧

ニュースの現場を日々駆け回る琉球新報の記者たち。記者としてだけでなく、1人の生活者、個人として感じることや、日々の新聞づくりを通して抱く感情など、記者たちの喜怒哀楽を書きつづります。

【記者コラム】むなしさを情熱へ 名波一樹(暮らし報道グループ運動班)

2024/02/25 #記者ですが
prime
 記者になってもうすぐ1年。運動班としてスポーツの現場を走り回った。正直に言うと、スポーツにさほど興味がない人間だった。野球にいたっては守備位置も知らず、「ショ ...

【記者コラム】正しさに安住しない 玉寄光太(政経グループ経済班)

2024/02/18 #記者ですが
prime

【記者コラム】海中でタツと出会う 金良孝矢(暮らし報道グループ)

2024/02/11 #記者ですが
prime

【記者コラム】見学を交流のきっかけに 増田健太(北部報道グループ)

2024/02/04 #記者ですが
prime

【記者コラム】時間に踊らされないように 当銘千絵(暮らし報道グループ)

2024/01/28 #記者ですが
prime

【記者コラム】沖縄から非戦の思い広げる 中村万里子(暮らし報道)

2024/01/20 #記者ですが
prime

【記者コラム】海は隔てるか、つなぐか 照屋大哲(八重山支局)

2024/01/14 #記者ですが
prime

【記者コラム】被災者への取材 金城大樹(北部報道グループ)

2024/01/07 #記者ですが
prime