2014年9月16日 スパット台船が浮桟橋へ移動 辺野古 議員ら「過剰警備」と抗議

 【辺野古問題取材班】新基地建設が進む名護市辺野古沖で16日午前、海底の掘削(ボーリング)調査を行っていたとみられる青色のスパット台船1基が浮桟橋付近まで移動した。岸壁にはクレーン車などが待機し、15日、陸揚げされたオレンジ色のスパット台船1基の解体作業を行っている。オレンジ色の台船の解体が終了次第、青色のスパット台船を陸揚げし、解体作業に取り掛かるとみられる。




PR

区切り線
しばらくお待ちください。
 しばらくお待ちください




社会

社会


スポーツ

スポーツ


政治

政治


経済

経済


地域

地域


芸能・文化

芸能・文化


教育

教育


エンタメ

エンタメ